埒があかない・埒もない~決着がつかないのはどっち~

埒が明かない 言葉

埒(らち)が明(あ)かないは、「ことが進まず決着がつかない・解決しない・物事にかたがつく」という意味の慣用句。

埒(らち)も無(な)いは、「筋道や理由がたたない・取るにたらない・つまらない」という意味の慣用句。

埒が明くとは、「物事にかたがつく・はかどる・きまりがつく」という意味で、「きまりをつけない人・代金の支払いの悪い人」を、埒明けず屋なんて呼んだりします。

もともとは、埒が明くの方がよく使われていたけど、現代は埒が明かないの方が良く使われています。

埒が明く・埒が明かない・埒も無い、すべての言葉は、同じ語の「埒」に由来します。

埒が明かない・埒も無いの由来と、意味と、正しい使い方を、例文を用いてやさしく説明します。

スポンサーリンク

埒が明かない・埒も無いは「埒」に由来する言葉

埒が明かない・埒も無いは、同じ語「埒」に由来する言葉(慣用句)です。

同じ「埒」に由来する言葉ですが、その由来には2つの有力な説があり、どちらが正しいか?本当のところはわかっていません。

「埒」は馬場の周囲の柵(さく)に由来するとする説

埒は馬が逃げ出すのを防ぐために、馬場のまわりに設置した柵(さく)のこと。

馬の動ける範囲を決めるものということから、埒は「物事の区切り」・「物事の結末をつけること」・「秩序(ちつじょ)」という意味をもつようになります。

そこから、「物事に決まりがつく・物事にかたがつく」という意味で”埒が明く”、「ことが進まず決着がつかない、解決しない」と言う意味で”埒が明かない”、「筋道や理由がたたない・つまらない」という意味で”埒も無い”という言葉がうまれました。

「埒」は「臈次(らっし)」に由来するとする説

埒は僧尼の出家からの年数できまる位による席順「臈次(らっし)」が変化した語。

僧尼の年数による席順ということから、埒は「物事の順序」・「物事の区切り」・「秩序」という意味をもつようになります。

そこから、「物事に決まりがつく・物事にかたがつく」という意味で”埒が明く”、「ことが進まず決着がつかない、解決しない」と言う意味で”埒が明かない”、「筋道や理由がたたない・つまらない」という意味で”埒も無い”という言葉がうまれました。

埒も無いと同じ意味で「臈次も無い」という言葉もあります。

埒が明かないの正しい使い方~例文

埒が明かないを英語で訳すと、「not get anywhere」、直訳すると、「どこにも行かない」という意味で、転じて「決着がつかない」=「埒が明かない」となります。

ほかに「not go anywhere」「It’s going nowhere」なども「どうにもならない」というニュアンスで使われるので、埒が明かないと訳しても良いようです。

We’re not getting anywhere : 埒が明かないね(解決しないね)

例文

いくら考えても「埒が明かない」:どんなに考えてみても「解決しない/決着がつかない」

話していても「埒が明かない」から、とりあえずやってみよう:話していても「解決しない/決着がつかない」から、とりあえずやってみよう。

○○さんに聞いても「埒が明かない」:○○さんに聞いても「解決しない/決着がつかない」

埒も無いの正しい使い方~例文

埒も無いを英語で訳すと、「trivial」、直訳すると「取るにたらない」「つまらない」という意味で、「埒も無い」と同じです。

trivialには「たいしたことではない」というニュアンスが含まれる語で、埒も無いに含まれる「道理や理由がない」というニュアンスは含まれていません。

a trivial problem :埒も無い問題(取るにたらない問題)

例文

「埒も無い」迷信にまどわされる :「理由もない・つまらない」迷信にまどわされる

「埒も無い」考えが、頭にうかんだ:「取るにたらない・つまらない」考えが、頭にうかんだ

「埒も無い」妄想にふける :「取るにたらない・つまらない」妄想にふける

まとめ

埒が明かないの意味は「決着しない」「解決しない」、埒も無いの意味は「道理や理由がない」「取るにたらない」「つまらない」。

もともとは、「解決する」「物事にけりがつく」「はかどる」という意味の”埒が明く”の方が多く使われていましたが、現代では”埒が明かない”の方が多く使われています。

埒が明く・埒が明かない・埒も無いは、いずれも同じ「埒」に由来する言葉(慣用句)です。

「埒」の語源には、諸説あり、どれが正しい説なのか?は不明です。

なにをやっても「埒が明かない」ときは、いちど休憩して頭を空っぽにする。

「埒も無い」ことは、どうでもいいこと、無理に答えを出だなくてもいいことです。

タイトルとURLをコピーしました