6月6日はいけばなの日です~いつ・だれが・なぜ定めた記念日なのか?

いけばなの日 話題

いけばなの日は

2020年(令和2年)に

公益財団法人 日本いけばな芸術協会が定めた記念日です。

なぜいけばなの日を定めたのか?というと

いけばなの技術の習得だけでなく、その歴史などから知見を広げること、花に直接触れることで命の尊さやパワーを感じて人間性を豊かにしてもらいたとの願いから

なぜ6月6日なのかというと

日本には昔から、「6歳の6月6日に”習い事・芸事”をはじめると上達する」という言い伝えがあるからです。

いけばなに限らず、すべての習い事・芸事にいえることなので、

6月6日は、「楽器の日」「邦楽の日」でもあります。

なぜ6歳の6月6日かというと

室町時代の申楽師(さるがくし)”世阿弥(ぜあみ)”は、『風姿花伝(ふうしかでん)』で

「習い事をはじめるのは数え7歳(満6歳のとき)がもっとも良い」と説きました。

江戸時代になると、その考えをとりいれた歌舞伎のせりふで

「6歳の6月6日」という6の続く言いまわしが頻繁に使われるようになり、いつしか、

6歳の6月6日から習い事をすると上達するといわれるようになりました。

また、6という数字には、

指を使って数字を数えたとき、小指が立つことから、

「子が立つ」・「子供のひとり立ち」を意味する

縁起の良い数字という言い伝えがあります。

いけばなの起源・いけばなの流派について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

いけばなとは

いけばなとは、花や草木を器にいける、日本の伝統文化のひとつ。

「華道」ともいわれ、ただ、花や草木をいけるのではなく、花や草木をいけることを通して、精神をみがき、すぐれた人格を形成するようにつとめることを目的にしている。

いけばなは、「いける」ことで「いかす」こと。花自身の個性・美しさを最大限に引き出し、より輝かせるという意味があります。

いけばなの起源

いけばなの起源は室町時代の前期。

このころ、将軍や幕府の権力者や武士の邸宅に、押し板や違い棚(現在の床の間の原形)がつくられ、そこに座敷飾り(ざしきかざり)として花も飾られました。

座敷飾りの方法は、将軍の身のまわりの世話をする人により整備され、真(本木)と下草からなる「立て花(たてばな)」が飾られるようになります。

「立て花」は、仏前の供花(くげ)や神の依代(よりしろ)としてでなく、客をもてなす場に用いられるようになります。

これが、「いけばなの起源」です。

室町時代の末期になると、

立て花の様式がさだまり、立て花は「立花(りっか)」へと発展します。

立花が、もっとも古い、伝統のある「いけばなのスタイル」です。

室町時代末期から江戸初期にかけて、立花を大成させたのが初代と2代目の池坊専好(いけのぼうせんこう)。

いけばなを確立させたのは、池坊専好といわれています。

池坊専好は、現在の華道の流派池坊の家元が名乗る名跡(みょうせき)です。

いけばなの流派

いけばなの流派、現在、300以上あるといわれています。

いけばなを確立させた、もっとも古い流派は「池坊(いけのぼう)」。

代表的な流派「三大流派」は

「池坊」

「草月流(そうげつりゅう)」

「小原流(おはらりゅう)」

です。

タイトルとURLをコピーしました