山菜を畑で栽培する方法~簡単に栽培できる行者ニンニク・ウド

栽培方法ー山菜 趣味

7月を過ぎると、北海道の山菜は、一部の高山を除き、美味しく食べることができなくなります。

美味しく食べることができなくなった山菜も、採ってきて畑に植えると、翌年以降には畑で採ることができるようになります。

もっとも山で採ってきたものより、風味はおちますが、とりたての新鮮な山菜を、手軽に食べることができます。

我が家では、行者ニンニクとウドの栽培に成功。

7年ほど前に採ってきた、これらの山菜を今年も美味しく食べました。

山菜を栽培するために必要な条件、採り方・植える場所などを案内します。

スポンサーリンク

行者ニンニクの栽培

北海道では5月の中旬を過ぎると、山の行者ニンニクは、花芽をつけ、食べても美味しくなくなります。

畑に植える行者ニンニクを採るのに最適な時期は、北海道では5月末ころから7月の初旬ころ。

花芽が付いていても、葉が少し枯れていても、大丈夫。

行者ニンニクは、とても強い植物のようで、根が少しでもついていたら大丈夫。

手で静かに引き上げると、根付きの行者ニンニクが簡単に採れますが、慣れないうちは小さいシャベルを持って行くと良いでしょう。

行者ニンニクの根

畑に植える場所は、風通しの良い場所であれば、日当たりの良い場所でも大丈夫、ただし日陰で一日中陽の当たらない場所は不適。

我が家では、化学肥料はあたえず、鶏糞・牛糞・馬糞を植えた周りに2から3年に一度少量あたえています。

行者ニンニクは、夏以降に枯れて、翌年の春、新たに芽をだします。

行者ニンニクの栽培で気を付けるべきことは、行者ニンニクに似た有毒植物の近くに植えないこと!

行者ニンニクと間違えやすい有毒植物 

行者ニンニクと間違えて、有毒植物を食べて死亡する人の中には、畑で採ったもので死ぬ人もいます。

行者ニンニクとよく間違える植物には、スズラン・イヌサフラン(コルチカム)などがあります。

これらの植物の近くには絶対に植えてはいけません。

行者ニンニクは、毎年食べ続けると痩せていきます。

数年に一度、山で新しい行者ニンニクを採ってきて、植え足していくことをおすすめします。

ウドの栽培

大きくなりすぎたウドは、食べても美味しくありません。

食べて美味しいのは、茎の長さがおおよそ30㎝以下のものですが、畑に植えるウドならそれより大きくても大丈夫。

畑に植えるウドを採るのに最適な時期は、北海道では6月上旬から下旬ころ。

茎が木のようになる前の、茎が緑色のものが、畑に植えるのに適しています。

畑に植えるウドを採るときは、小さなシャベルを持って行き、根の周りの土と一緒に掘り採ります。

ウドの大木とは、茎が木のようになり、食べることも、木材としても使えない、役に立たないということ、畑に植えても根付きが悪い、でも見つけやすいので翌年以降に採りに行くため、場所をおぼえるのには役に立ちます。

畑に植えるのは、陽射しがあまり強くない場所で、風通しの良い場所。

我が家では、隣家と物置の間に植えています。

肥料は、行者ニンニクと同様、化学肥料はあたえず、鶏糞・牛糞・馬糞を周りに数年に一度あたえています。

ウドは、毎年食べ続けると、痩せていきます、数年に一度、新しいウドを採って植え足していくことをおすすめします。

栽培が難しい山菜

ワラビ

ワラビを栽培している農家をみることがありますが、家庭の畑での栽培は難しいようです。

ワラビの根は、土の中にとても深くのびていて、掘り採るのがとても困難。

畑に植える際には、深く掘って、根の下に肥料を入れなければいけない。

すどけ(もみじがさ)

畑で栽培しているのを見たことがない。

根はシャベルなどを使用すると、簡単にとることができます。

畑のいろいろな場所で試したり、肥料をいろいろ変えて試したが、一度も成功したことがない。

北海道の家庭では、栽培が難しいようです。

まとめ

山菜は、山で採ってきて、旬のものを食べるのが一番美味しい。

でも、毎日採りに行くことはとても難しい。

夕ご飯の、ちょっとした副菜に山菜、そんな時に、畑で行者ニンニクやウドが採れたら良いですよね。

子供のころは、山菜なんて食べる気がしなかったけど、自分で山菜を採るようになってから、山菜の美味しさにはまっています。

ふきは、畑で栽培している人がいて、たまに頂いて食べるのですが、どうしても美味しいと感じられません。

ふきは、沢の中で採ってきたものに限ります。

みずみずしくない、独特の香りのしないふきは、ただの草、畑での栽培には適していないように思えます。

タイトルとURLをコピーしました