アイボリーは象牙色~オフホワイト・ベージュとの違い

アイボリー 話題

アイボリーは英語でivory、意味は「象牙」「象牙色」。

ivory は複数形になると、象牙製のもの・ピアノのけんばん・歯という意味で用いられます。

tickle the ivories : ピアノをひく

show one’s ivories : 歯をむき出す

日本でアイボリーというと、ほとんどの場合、「色」のことをいいます。

日本でアイボリーは象牙色。

象牙色を日本語で表現すると、「黄みの薄い灰色」です。

アイボリー

アイボリー

オフホワイトは、一般的に「灰色がかった白」・「黄みがかった白」を指しますが、オフホワイトにはこれといった定義はありません。

オフホワイト

オフホワイト

ベージュは、「明るい薄茶」「らくだ色」です。

ベージュ

スポンサーリンク

アイボリーとは

アイボリーは、「象牙色」・「薄いクリーム色」・「黄みの薄い灰色」です。

アイボリーもアイボリーホワイトも同じ「色」です。

アイボリーには「象牙」という意味もありますが、アイボリーホワイトは「色」だけを意味する言葉です。

アイボリー

①#fffff0(ivory)

②#f8f4e6(象牙色)

③#f3ecd8(やや灰色い黄系)

おおよそ、①から③の間の色がアイボリーです

アイボリーのイメージ

アイボリーは、自然な優しさや上品さを感じられる色です。

優しさを感じられるので、リラックス効果があり、トイレや浴槽などでよく使われます。

上品さを感じられるので、高級感のある、洋服やインテリアなどでもよく使われます。

アイボリーは、一緒にある色を引き立てるような役割をします。

赤や緑などのような派手なイメージのある色より、淡い中間色や黒などの落ち着いた色との相性の良い色です。

オフホワイトとは

オフホワイトは、bone color(骨の色)とたとえらることもあります。

一般的に「灰色がかった白」・「黄みがかった白」ですが、オフホワイトに、これといった定義はありません。

whitesmoke(ホワイトスモーク)や和色の「生成り色」「乳白色」をオフホワイトといっても間違いではありません。

オフホワイト

①#fffff9(ミルキーホワイト)

②#f5f5f5(whitesmoke)

③#fbfaf5(生成り色)

④#f3f3f3(乳白色)

⑤#e3dac9(Bone)

オフホワイトにはこれといった定義はありません。

メーカや人によってオフホワイトの捉え方はさまざまです。

オフホワイトのものを購入するときは、事前に自分の目で色を確かめるのが賢明です。

オフホワイトのイメージ

一般的にいうオフホワイト「灰色がかった白」・「黄みがかった白」には、控えめで穏やかな印象や、上品でお洒落といった印象があります。

控えめで穏やかな印象で、飽きにくいので、年齢や性別を問わずに好まれます。

ほかの色との協調性がよい色です。

ベージュとは

ベージュはフランス語で、beige、意味は「明るい薄茶」「らくだ色」「生地のままの毛織物」です。

日本でベージュというと、ほとんどの場合、色のことを指します。

ベージュは、「明るい薄茶」「らくだ色」「漂白する前の羊毛のような色」のことです。

アイボリーやオフホワイトよりも、赤みの強い色です。

ベージュ

①#f6e5cc(ecru beige)

②#eedcb3(ベージュ)

③#fce2c4(肌色)

④#dcbe99(薄茶)

⑤#b38e6f(灰みの橙系)

おおよそ、①から⑤の間の色がベージュです

ベージュのイメージ

ベージュは、素朴で飾らない優しさを感じられる色です。

素朴で飾らない印象があるので、気負いのない自然体な印象を与えます。

ベージュは、ほかの色との協調性が良い色です。

アイボリー、オフホワイト、ベージュの違い

アイボリーは「象牙色」で「黄みの薄い灰色」。

オフホワイトは「灰色がかった白」「黄みがかった白」。

ベージュは「明るい薄茶」。

オフホワイトは、アイボリーより白っぽい。

アイボリーは、ベージュより、黄みが強く、白っぽい。

ベージュは、アイボリーやオフホワイトより、赤みが強く、色が濃い。

アイボリー

オフホワイト

ベージュ

まとめ

アイボリー、オフホワイト、ベージュどの色も1色ではありません。

同じアイボリーでも黄みの濃さが違うし、ベージュも赤みの濃さが違い、オフホワイトにおいてはこれといった色の定義はありません。

インターネット通販などで、これらの色の商品を購入するときは、商品の写真などを見て色合いを確認するのが賢明です。

タイトルとURLをコピーしました