6月1日はねじの日です~いつ・だれが・なぜ定めた記念日なのか?

ねじの日 話題

ねじの日は

1975年(昭和50年)に

ネジ商工連盟が制定しました。

なぜ6月1日を「ねじの日」にしたのかというと

1946年(昭和21年)6月1日に工業標準化法が公布され、

日本工業規格JISにねじ製品が指定されたことにちなんで

なぜ記念日を定めたのかというと

ねじの認知度向上をめざし、ねじ製品の社会的責任と義務を深める目的で

ねじとは何か?どんな物につかわれているのか?紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「ねじ」とは

ねじは、らせん状の溝のある物の総称

英語で、screw(スクリュー)

ボルトもビスも、ペットボトルのキャップも、ペットボトルのキャップがつく部分も、みんな「ねじ」です。

ねじの利点は、

接着剤などと違い、取り外しができること

何度も使うことができること

ねじの役割は、おおまかにいうと、

物と物をつなぐ・物を移動させる・物を測るの3つ

ねじが使われているもの

ねじは、身のまわりのほとんどの物に使われています。

物と物をつなぐ役割で使われているもの

やかんや鍋などのふた・棚やベッドなどの家具・テレビやパソコンなどの家電製品、鉄塔や電柱など

物を移動させる役割で使われているもの

つっぱり棒(回転させて固定するもの)・ペットボトルや化粧品などのボトルやキャップ・3Dプリンターの縦方向への移動のための軸など

物を測る役割で使われているもの

マイクロメーターなどの測定器(つまみを回すとねじが回転し、ねじの移動量から長さを測定するもの)

タイトルとURLをコピーしました