6月の第3日曜日は父の日です~いつ・だれが・なぜ定めた記念日なのか?

父の日 話題

父の日は

1910年に

アメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドという女性が牧師協会にせつに願ってはじまった式典で

1972年に

アメリカ合衆国第37代大統領リチャード・ミルハウズ・ニクソン大統領が、父の日を恒久的な国の記念日と定めました。

日本に父の日が伝わってきたのは

1950年(昭和25年)といわれていますが、当時、父の日はあまり知られていませんでした。

日本で父の日が国民的な行事になったのは

1981年(昭和56年)、「日本ファーザーズ・デイ委員会」ができ、父の日を広めるイベントなどを開催

同じころ、デパートでも販売戦略として「父の日」を盛り上げるようになってから

なぜ父の日を定めたのか?というと

父性をみとめ、父親をたたえる目的で

なぜ6月の第3日曜日なのか?というと

最初に父の日の式典がおこなわれたのが、6月の第3日曜日だったから

ソノラの願いをうけて、

1910年6月19日(第3日曜日)ワシントン州スポケーンで、最初の父の日の式典がおこなわれた。

父の日が正式にアメリカ合衆国の記念日になったいきさつ、アメリカで定番の父の日のプレゼント、日本で定番の父の日のプレゼントを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

父の日がアメリカの記念日になったいきさつ

1909年 母の日があるのを知った、ソノラ・スマート・ドッドという女性が、父にも感謝する日を作ってほしいと、牧師協会にせつに願う

1910年6月19日(第3日曜日) 最初の「父の日」の式典がワシントン州スポケーンでおこなわれる

1916年 アメリカ合衆国第28代大統領のトーマス・ウッドロウ・ウイルソンが、スポケーンを訪れ、父の日の演説をおこない、父の日が認知される。

1966年 アメリカ合衆国第36代大統領のリンドン・ベインズ・ジョンソンが、父の日を称賛する

1972年 アメリカ合衆国第37代大統領リチャード・ミルハウズ・ニクソン大統領が、父の日を、6月の第3日曜日とし恒久的な国の記念日と定める

アメリカの父の日の定番のプレゼント

アメリカでは、”バラ”が定番のプレゼント。

なぜバラ?かというと

父の日ができるきっかけになった女性ソノラが、父の日に父のお墓に「白いバラ」をそえたから。

最初の父の日の式典で、YMCAの青年が、父親が生きている者は「赤いバラ」を、亡くなった者は「白いバラ」を身につけたから。

白いバラの花言葉は

深い尊敬・純潔・私はあなたにふさわしい

赤いバラの花言葉は

あなたを愛してます・愛情・美・情熱・熱烈な恋

日本の父の日の定番のプレゼント

日本では、父親の欲しいものをプレゼントするのが定番。

お酒やスイーツなどは毎年人気の上位。

最近では、健康グッズやメンズコスメも人気。

タイトルとURLをコピーしました