「押さえる」と「抑える」の違いとは~それぞれの意味と用例~

おさえる 言葉

「おさえる」と辞書で引くと、「おさ・える【押(さ)える・抑える】」と同じ項目に「押さえる」と「抑える」があり、どんな場合にどちらの「おさえる」を用いても良いように思いがちですが、新聞などを読んでいても両者の使い方には明確な差があります。

押さえるは、「力を加えておさえる」・「把握する」・「確保する」ときに用います。

抑えるは、「動作や感情、現象の実現をおさえる、こらえる」・「抑制する」ときに用います。

ポイント(要点)や証拠は押さえるを用います。。「話のポイントを押さえる」、「犯行の証拠を押さえる」。

喜びや得点は抑えるを用います。「うれしさを抑え切れない」、「相手の攻撃を0点に抑える」。

スポンサーリンク

押さえるの意味と用例

「押さえる」は具体的な物について用いることが多く、物理的に制御するという意味合いが強いようです。

意味と用例

①動かないように圧力を加える。押しつける。

a・動けないように手足を押さえる。

b・文鎮で紙を押さえる。

c・スカートを押さえる。

②押すようにしておおう。押しあてる。

a・目頭(めがしら)を押さえる。

b・傷口をタオルで押さえる。

c・やかましいので耳を押さえる。

③動いたり出たりしないように押しとどめる。くいとめる。

a・上司に頭を押さえられる。

b・暴動を押さえる。

c・犯行の証拠を押さえる。

④大切なところをしっかりつかまえる。把握する。

a・話のポイント(要点)を押さえる。

b・相手の弱点を押さえる。

c・犯行の現場を押さえる。

⑤勝手に手をつけさせないように、それを手中におさめる。確保する。

a・講演会の会場を押さえる。

b・コンサートのチケットを押さえる。

c・担保物権を押さえる。

⑥小舟で櫓(ろ)を面舵(おもかじ/船首を右)にする。

抑えるの意味と用例

「抑える」は、抽象的なことについて用いることが多く、「こらえる」「抑制する」という意味合いが強いようです。

意味と用例

①勢いを増そうとするものを封じ込める。

a・デフレを抑える。

b・ベテランを抑える。

c・強打者を抑える。

②ある限度を超えないようにする。

a・月々の出費を抑える。

b・被害を最小限に抑える。

c・相手の攻撃を0点に抑える。

d・甘みを抑える。

e・価格を抑える。

③感情や欲望が高ぶるのをこらえる。抑制する。

a・うれしさを抑えきれない。

b・怒りを抑える。

c・やきもちを抑える。

まとめ

「押さえる」は具体的な物について用いることが多く、物理的に制御するという意味合いが強い。

「抑える」は抽象的なことについて用いることが多く、「こらえる」「抑制する」という意味合いが強い。

手足・目・耳・鼻・口・暴動・チケット・会場のような具体的な物や要点・弱点などには「押さえる」を用い、感情・欲望・味のような抽象的なことには「抑える」を用います。

よく間違えのは、「ポイント(要点)をおさえる」、野球で投手が「打者をおさえる」。

「押さえる」には、大切なところをしっかりとつかむ(把握する)という意味があるので、正しくは「ポイントを押さえる」。

「抑える」には、勢いを増そうとするものを封じこめるという意味があるので、正しくは「打者を抑える」。

ちなみに、買い物をしたときに還元されるポイントには、「抑える」を用います。

「還元するポイントを抑えて、値引きを多くします」というような使い方をします。

タイトルとURLをコピーしました