言葉

重箱読み・湯桶読みとは?~よく使われるその熟語とは

重箱読みとは、「重(ジュウ)・箱(ばこ)」のように上の一字を”音”でよみ、下の一字を”訓”でよむ読み方です。 重箱読みとは逆に、上の一字を”訓”でよみ、下の一字”音”でよむ読み方を「湯桶(ゆトウ)読み」といいます。 音とは、漢字...
社会

邦人と日本人の使い方の違いとは?~在留邦人・在外邦人ってなに?

邦人の意味は、自国の人、わが国の人、とくに外国にいる日本人。 邦人には、「われわれと同じ日本で生まれた人」という意味が含まれます。 日本人の意味は、日本の国籍をもつ人、日本国民。 新聞・テレビなどの報道機関では、使い分けの...
言葉

カテゴリとジャンルの違い~なぜペットはカテゴリで本はジャンル?

カテゴリー【Kategorie】はドイツ語、【category】は英語で、意味は”範疇はんちゅう”。 カテゴリーは、「カテゴリ」と長音符号をつけずに表記することが多いので、ここでは「カテゴリ」を用います。 ジャンル【genre】...
話題

赤色を身につけるとモテル・魔除け・病除け・勝負運上昇の効果が期待できます

赤色には、「気持ちを前向きにさせる」・「興奮をうながす」という心理効果のほかにも「あたたかさを感じる」「注目をあびる」という心理効果もあります。 赤色を身につけると、気持ちのうえで「人のあたたかさ」を感じ「注目されている」ことを自然に...
話題

サラブレッドとかアラブってどんな馬?サラブレッドとアラブの起源は同じ?

サラブレッドは、人工的につくられた、スピードとスタミナに優れた馬です。 アラブは、アラビア半島原産の馬で、サラブレッドより劣るけど、スピードとスタミナに優れた馬です。 サラブレッドは、Thoroughbred。thoroughを...
言葉

施行は”しこう”それとも”せこう”どちらが正しい読み方?

施行の読み方は「しぎょう」「しこう」「せぎょう」「せこう」。 施行の意味は、「実際に行うこと」「公布された法令の効力を発生させること」。 法律に関する施行は「しこう」、工事に関する施行は「せこう」、仏教用語の施行は「せぎょう」と...
暮らし

神社で祈願する正しいタイミングと正しい願のかけ方

神社で祈願するときは、「合掌がっしょう」ではなく、胸の前で「手をあわせ」心をこめて祈ります。 合掌と”手をあわせる”は、同じ動作ですが、意味が違います。 合掌は、「仏を拝むときのしぐさで、両方の手のひらを顔や胸の前で合わせること...
言葉

つまびらかの意味と語源を分かりやすく解説~用例と類義語を記します

つまびらかは「くわしいさま」「こまかい点まではっきりしているさま」という意味で、漢字で「詳らか」・「審らか」と書きます。 詳らか・審らかは、いずれも常用漢字表にない訓読(日本語の読み方)なので、新聞などでは「つまびらか」と平仮名で書い...
地方・風習・方言

北海道の方言~さる・~らさるは「思わず~してしまう」という意味

北海道の方言には、どくとくの言い回し(言い表し方・表現)があります。 ゴミを捨てることを、「ゴミをなげる」と言ったり、鍵をかけることを、「じょっぴんかう/鍵をかう」と言ったり、コーヒーをこぼすことを、「コーヒーをまかす」と言ったりしま...
話題

紅蓮の炎の”ぐれん”は血のような赤色?紅蓮の意味から色を解説

紅蓮ぐれんの意味は、「紅あかい、はすの花」「激しく燃え上がる炎の色のたとえ」「紅蓮地獄ぐれんじごくの略」。 紅蓮に、怨念おんねんとか不気味とかいうイメージがあるのは、紅蓮が「地獄」に由来する言葉だからです。 紅蓮の炎の”ぐれん”...
タイトルとURLをコピーしました