地方・風習・方言

北海道の方言「ぼっこ」の意味とは~北海道弁以外の「ぼっこ」との違い

北海道で「ぼっこ」と言うと、棒やミトン(mitten)を意味します。発声するときは、語尾のこを少し強めに発声します「ぼっこ↑」。もともとは東北地方で使われていた「ぼっこ」が北海道に伝わり、北海道全域に広まり北海道に定着した語です。 北...
暮らし

北海道胆振東部地震の概要と実体験から学んだ災害に対する必要な備えと対策

2018年9月6日午前3時8分頃、北海道胆振(いぶり)地方東部を震源とする、最大震度7の地震が発生しました。 地震発生直後から、北海道全域は停電となり、北海道のほとんどの地域で断水となり、重要なライフラインが絶たれ、道民のほぼ全員が信...
地方・風習・方言

「いずい」はどこの方言?いずいの語源・意味・使い方

「いずい」は北海道や宮城県など東北地方の一部で使われる方言です。 方言には、共通語や標準語では、上手く表現できない面白い言葉が数多くあります。「いずい」は、そんな方言の代表的な言葉で、「いずい」を使わない地域の人に、その意味を説明する...
地方・風習・方言

「おっかない」は東京の方言?東京語・東京弁・共通語・標準語の違いとは

「おっかない」は、おもに東日本で使われる東京弁です。 東日本(糸魚川・浜名湖を結ぶ線より東の地域)で生活している人は、標準語と勘違いしているかも知れませんし、「おっかない」を使わない西日本で生活している人は、北海道の方言(北海道弁)と...
地方・風習・方言

はんかくさいの意味とは?北海道弁の歴史と道民がよく使う北海道弁

北海道の方言(北海道弁)は、海岸地方と内陸部で、様相が異なります。 海岸地方の北海道弁は、東北地方や北陸地方の漁民や、近江商人をはじめとする関西系商人らの言葉が混じり合って生まれました。 内陸部の北海道弁は、開拓のため本州各地か...
暮らし

スズメバチに刺された体験談とアナフィラキシーショックへの備え【次は命の危機と医者に言われる】

「次に刺されたら、死ぬかも知れませんよ」医者の一言に衝撃を受けました。たかが2.3cmの昆虫に人間は本当に殺されます。 私は幸いにして助かりましたが、スズメバチ刺傷による死亡者数は、日本全国で毎年20人程度います。 私がスズメバ...
社会

プレッパー(prepper)とは~カオスにどの様に備えるか~

プレッパー(prepper)とは、[財政破綻・戦争・自然災害]などの非常事態に備える人々のことを言います。 社会のシステムが崩壊するような事態になり、世の中が「カオス(混沌・無秩序)」になることを想定し、生き延びるための準備をしている...
話題

蜃気楼と陽炎はどう違う?逃げ水や浮島の原理・仕組みなど

蜃気楼とは、上層と下層の空気の温度差によって、光が屈折し進路が変わることで、見たこともないような風景が見える現象です。 陽炎とは、日射や焚き火などによって空気が熱せられ、光が不規則に屈折し、前方の景色がぼやけて見えたり、ゆがんで見える...
話題

不知火とは、その現象や言葉の意味・由来・言い伝えなど

不知火(しらぬい)は九州の有明海や八代海で夜間に見ることができます。 かつて不知火は、龍神が灯す怪火(かいか)だと考えられていましたが、現在は漁船の漁火などが光の異常屈折によって空中に映る一種の蜃気楼のような現象だと考えられています。...
地方・風習・方言

ジンギスカン(成吉思汗)の発祥と由来、食べ方・焼き方・具材などを道産子が解説します

ジンギスカン(成吉思汗)の起源には諸説ありますが、満族料理の烤羊肉(カオヤンロウ)を起源とする説が有力です。 ジンギスカンは北海道発祥の北海道の郷土料理というイメージがありますが、北海道以外でも岩手県遠野市、長野県信州新町など古くから...
タイトルとURLをコピーしました